???????????: ???????????????????? ???? ??????  
印刷用ページ 友達に教える
 
 

第3回 今どきの渡米



ところで、これらの「海外で働きたい」という人が実際に海外に渡り、言葉や文化の壁もある程度克服して、「現地の人」にもしなることができれば、企業としては、これぞ「現地化」にうってつけです。つまり、現地駐在から現地採用に切り替えようとする企業のニーズにぴったり合い、同時に海外で働くという希望が叶うわけですから、まさに時代の流れと言えそうです。

同様に、私は留学の目的も大きく変わって来ていると思います。上記のようなニーズを前提にするなら、以前のように留学後帰国するということではなく、「卒業したら現地側で頑張る」という役回りの方が面白そうです。学生の頃から海外に出て、卒業後、アメリカの企業で数年経験を積むことができれば、日米の架け橋として、それこそかけがえのない貴重な役割を担う人になれるでしょう。

昔、日本の技術や産業がまだ欧米諸国より遅れていた頃、最新の技術やビジネスのやり方を勉強するために留学は大きな意義がありました。しかし、今はもうそれはそれほど重要ではなく、むしろ「グローバル・パーソン」を目指し、「海外に居ながらにして貢献する日本人」になることの方が、もっともっと重要なのです。

最後に、「今どきの渡米」でもうひとつ触れておきたいのが、今人気のメジャーリーグや他のスポーツで海外を目指す人たちのことです。中には、収入を減らすことも辞さず、敢えて苦労をしに海外に渡る選手もいるようですが、なぜ、彼らはそのようなことをするのでしょう?

この「なぜ」についても、追々、このエッセーの中でぜひお話してみたいと思っているのですが、この「なぜ」を敢えて実行するのも、「グローバル・パーソンズ」になる近道なのではと私は思っています。

<3/3 ページ>

 

ご意見、ご感想のある方はこちらからどうぞ!

 
 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る

Site Search:

 ???????

 ????