その他: 英語イマージョン  
印刷用ページ 友達に教える
 

英語による総合教育『英語イマージョン教育』

の事業を展開する今井氏からのメッセージ

異なるものの体験こそ

今の日本に大切



 



株式会社ジャスティー


代表取締役 今井 久美


<賛否両論>


文部科学省の中央教育審議会外国語専門部会が全国一律に小学校で英語を実施するよう求める審議報告をまとめた。小学校での英語導入については、ここ数年議論が盛んだが、実社会の要望にこたえ国際化社会で生きていけるよう使える英語を身につけさせるために小学校からいち早く英語に触れさせるべきだという賛成論に対し、国際的な学力比較試験等で日本の子供の学力低下が浮き彫りになった今、英語など教える前にまず国語をしっかり教育し、日本語力を充実させるべきだという反対論が典型的な内容だ。


21世紀の世界では、あらゆる地域との関係が緊密化し、日本が単独で豊かな社会を維持できる状況にはない。今の子供たちが生きて行く時代には、日本国内でも海外から多くの移住者を受け入れなければならない社会になっていることは容易に想像できる。このような社会状況の中で、英語の導入時期や方法に関する賛否はあっても、子どもたちにグローバルな視野に立った認識、判断力、社会性が必要であることに反対する人はいまい。


我々もこうした議論を傍観するのではなく、国際化社会の中でどういう教育や環境を与えるべきか、今こそ社会全体で、各家庭でしっかり考え、話しあわなければならないと痛感する。

 

<英語は「窓」である>

明治の英文学者福原麟太郎は「英語は窓である」と喝破した。「窓」が大きくなれば外界が見えるようになり、外光により内部の様子もより見えるようになるというのである。英語に限らず、外部の目で自分達を見つめることにより新たな気づきを得られることは少なくない。そして比較対照できる異なるものの体験を通して初めて、実は今まで自身の回りにあった大切にすべきものや価値を認識することができることがある。


その意味で母語がある程度形成された小学校段階で英語に触れ始めることは重要だ。当たり前のように使ってきた日本語が実は世の中のいろいろな言語の中のひとつであること、異なる言語には異なる表現や機能があること、その背景には異なる文化や考え方があることなどを体感する機会を得るからだ。世界地理や歴史を学ぶとき、日々のニュース報道を見聞きするとき、リアリティーを持って捉えることができ、より強い興味を持つことができるだろう。


昨年ある著名な言語学者の講演での話だが、占領統治を脱した1950年代から60年代にかけて、外国人に日本語を教えるために、文部省の要請で言語学者や国語学者が集められ、日本語教授法の研究が行われた。実はこの研究活動によって、外国語と日本語の比較研究が初めて本格的におこなわれ、日本語自体の新たな発見が相次いだそうである。それまでは保守的・閉塞的であった「国語学」の分野が大きく変わり、「日本語学」に変化するきっかけになったという話を伺った。子どもも大人も、専門家ですら「窓」が拡大することにより外界が見えるようになり、気づけば自分のいる世界に新たな発見をして、進歩が芽生えるのである。

 

<豊か過ぎる社会のなかで>

ひきこもり100万人、ニート85万人、不登校13万人、フリーター400万人とも言われる現代社会。東京大学の卒業生の20%が就職もせず進学もしないという社会は異常だ。昨年、日米中韓の高校生対象に行われた国際比較調査によると、「大事に思うこと」の内容として「成績が良くなる」を挙げたのは日本33%に対し、米中韓73%〜75%。「希望の大学に入学する」は日本29%に対して中国76%、韓国78%、米国でも54%あったという。「非常に関心があること」で日本は「漫画、雑誌、ドラマなどの大衆文化」が最多で62%、中国と韓国は「将来の進路」(各64%、66%)。米国は「友人関係」が最多(64%)だが「将来の進路」も62%で第二位となっている。これらの驚くべき現象は、日本の家庭や教育現場が、未来の社会の方向性や、そこで何をすべきかという将来のテーマに関して、子どもたちに問いかけたり、メッセージを投げかけたり、考える機会をあまり与えてこなかった結果ではないだろうか。

 

<多様な教育のあり方>

近年、政府による構造改革推進の結果、公立の学校でも教育の多様性が認められてきた。格差社会を批判し同じであることを追及することより、選択肢が豊富に存在する教育を実現するほうが有効だろう。地域や自治体独自の発想や戦略によってそれぞれ特徴のある教育が存在し、子どもや親の目の前に色んな可能性が広がっているほうが楽しみもあり、やりがいもある。ダーウィンの進化論を引き合いにした「強いものや知識のあるものが生き残るのではなく、変化するものが生き残る」という言葉はよく耳にするが、確かに今日の社会にあってサバイバルするためには変化し続けることがひとつの重要な鍵であろう。そして、そのためにはまず多様な選択肢を知らせることが不可欠である。


「可愛い子には旅をさせよ」「他人の釜の飯を食べさせよ」という先人の言葉は、単に子どもを甘やかすなと諭しているのではなく、子どもを外へ出し、自分の育った環境や文化と異なるものをより多く体験することによって、むしろ自分の故郷の素晴らしさや家族や祖国のありがたさを実感し、その社会への貢献を志すようになるといういわば逆説の真理を含んでいるように思う。

 

大切なのは今までの自分の世界から離れてそれを鳥瞰する機会をもつことである。海外在住の皆さんはまさにその環境の中にあり、大いに「気づき」を経験してほしいと願う。残念ながら、今の日本ではなかなかそういう体験をできる機会は少ないが、一方で高校や大学から留学に挑戦する若者たちが増えていることも喜ばしいことであり、彼らの将来や日本の未来にとっても大きな価値があろう。留学していく若者たちも、現地校で学んでいる海外在留子女たちも、日本の素晴らしさを実感し、この国を大切に思いながら、将来私たちの社会を導いていくリーダーになりうるだろう。


これからの教育現場、家庭は将来の多様な選択肢や可能性をはっきりと示し、やる気さえあれば、夢を持ち続ければ、どこまでも進化し上昇していけることを具体的に教えていかなければならない。私たち大人は、社会は発想豊かで創造性に富む前向きな人材こそ、必要としていることを知っている。そのためには、若者たちに多様な選択肢を提供し、異なるものを体験できる場を与えてあげることが私たちの責任であろう。


 

今井氏の進める『英語イマージョン教育』のサイトはこちら

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る

Site Search:

 今月の更新情報

 メニュー