グローバルパーソンとは: アメリカ発、新時代の日本へ送るメッセージ 第15回: 出会いこそすべて  
印刷用ページ 友達に教える
 

第15回  「出会いこそすべて」

 

 

出会い」のメリットはいろいろありますが、ここではそのひとつだけに触れたいと思います。それは、出会うことで、「自分を引き上げてもらう」ということ。「影響を受ける」という言い方もできるし、「教えられる」ということも多くあるでしょう。多くの人は自分の考えが絶対と思っており、ある意味、そうでなければ世の中を渡っていけません。しかし、自分がそう思っていると同程度に、全く違うことを考え、実行し、りっぱに生きている多くの人がいることもまた事実です。そして、そのことに気づき、自分の「」を超えられたとき、人はより大きく成長するのです。

 

また、自分よりずっと高いレベルに位置する人に認められ、抜擢され、チャンスを与えられるということも、「出会い」が人に与えるとても重要な恩恵ですが、これも「自分を引き上げてもらう」ということのひとつの例です。

 

ただし、「引き上げられる」というチャンスは、子供が親にしてもらう場合以外は、ただ待っていてもなかなか訪れません。ではどうしたらよいか?それは、とりあえず自分に与えられたことに全力を尽くし、チャンスを待つことです。全力を尽くしていれば、それを見ている人が必ず回りにいるからです。

 

所詮、人は持ちつ持たれつの関係です。だから、人は回りや下の人たちの言動をじっくり観察し、何かのときに「使える人物かどうか」を見極めようとします。そして、たいていは、要領よくスマートに問題を切り抜ける人材よりは、正面から向かい合って地道に努力する人材が信頼され、苦労の多い人ほど、実は、回りの人には認められることになります。だから、苦労の多い人も決して捨てたものではなく、あるとききっとチャンスが到来し、そのとき、その人は抜擢されることになるのです。

 

そして、抜擢されて成功した人は、同じように、周りの人や助けてもらった人に、今度は逆にチャンスを与えることになります。あるいは、成功とか失敗とかという話とは無関係に、お世話になった人や心を触れ合った人たちを大切にしようとすることも、やはり、人から人へと伝播し、互いに助け合い、あるいは、「引き上げる」という役割に導くのだと思います。ただし、時間は無制限にあるわけではなく、人生は一回切りです。だから、「出会いこそすべて」なのです。あなたも、ぜひ、あなたの「出会い」を大切にしてください。

 

<3/3 ページ>

 

ご意見、ご感想のある方はこちらからどうぞ!

 
 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る

Site Search:

 今月の更新情報

 メニュー