グローバルパーソンとは: アメリカ発、新時代の日本へ送るメッセージ 第16回: 運も実力のうち  
印刷用ページ 友達に教える
 

第16回  「運も実力のうち!」

 

 

結局、人生は一度きり。後から振り返って、「あのときああすればよかった・・・」などと考えても無意味なのではないでしょうか?そして、あとから思う「選択肢」は、実はあるようでなかったのではという気もします。実際に選択を迫られているときは、それが正しいかどうかなんて分からないし、先のことなど誰にも見えません。だから、結局、一旦選択したら、とことんそれを突き詰めるしかないのです。

 

少なくとも、中途半端にどんどんやる事を換えていては、恐らく、その人は人生を無駄に過ごすことになるのではと思います。何事もある程度は形になるまで突き進まなければ、その先は見えてきません。だから、「選択肢」は与えられるものではなく、むしろ、自分で作るものなのです。人生は、結局は一本道で戻ることはできず、先へ先へと新しく切り開くしかありません。そのところどころで、たまたまうまく行ったとき、人は「運がいい」と思われるだけなのではないでしょうか?

 

過去に別の道があったように思われても、それを選ばなかった時点でそれは消滅し、もともとこの世に存在しなかったのと変わりはないのです。そして、選択した道に進んだことで、たとえ一時的に失敗したとしても、その先でまだいくらでも修正は可能です。というか、その繰り返しこそが、人生そのものなのかも知れません。

 

松下電器の創設者、松下幸之助は、彼が開いた政経塾で、あるとき生徒から「成功の秘訣とはなんですか?」と尋ねられました。松下幸之助は迷わずこう言ったそうです。「そんなのは簡単じゃ。成功するまでやればよい!」と。

 

<3/3 ページ>

 

ご意見、ご感想のある方はこちらからどうぞ!

 
 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る

Site Search:

 今月の更新情報

 メニュー