グローバルパーソンとは: アメリカ発、新時代の日本へ送るメッセージ 第18回: 実録グローバルパーソンズ  
印刷用ページ 友達に教える
 

第18回  「実録グローバルパーソンズ」

 

 

さて、次は女性社員のHさん。彼女は、北海道の地元高校を卒業後渡米し、まずはニューヨークにある短期大学に入りました。アメリカでは、最初に短大で単位を取得して、それを4年制大学にトランスファーし、最終的には4大の学位を取るというのが、結構一般的なのですが、彼女もそのようにして、4大の工業デザインの学位を取ったのでした。

 

卒業後まもなく、彼女はうちの会社のインターン募集に応募して合格。まずはインターン生として、CATIAの勉強をしてもらうことになりました。そして、お客さんに対する技術サポートや、CATIA研修の講師などを日本語と英語の両方でこなし、頑張ってくれました。しかし、彼女の目指すものは技術サポートや講師ではなく、CATIAを使ったデザインの仕事に就くことでした。

 

結局、一年半ほど、下積みのサポートやCATIA講師の仕事をしてもらい、その後、待望のデザインの仕事が決まりました。現在は、ミシガン地区の某自動車照明部品メーカで、CATIAを使った設計・デザインの仕事やっています。学生を含めて今年で渡米7年目。彼女ももうりっぱな「グローバル・パーソン」です。

 

<2/3 ページ>

 

ご意見、ご感想のある方はこちらからどうぞ!

 
 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る

Site Search:

 今月の更新情報

 メニュー