????/??VISA????????????????: ????/??VISA??????????????  
印刷用ページ 友達に教える
 

Tomita Law Office

Tomita Yugo

Web: http://tomitalaw.com

879 W. 190th Street, Suite 270
Gardena, California 90248

Phone: 1-310-324-6890 Ext. 101
Cell: 1-818-636-9878
Fax: 1-310-324-6902

email: yugotomita@gmail.com

米国就労/就学VISA 抽選永住権プログラム 最新情報

VISAの種類

   

 B1ビザ  

短期商用のためのビザ。90日以内の渡米であれば、ビザ免除プログラムで渡米可。商用には、商談、交渉、市場調査、展示会出展、研修、会議参加、新事業の立上げ準備などが含まれる。また、機械の設置や修理など、契約上で記載されていることであれば、それらに従事する担当者が商用で渡米することも可能。滞在期間(I−94)は最長で6ヶ月有効。ビザ(入国許可証)の有効期限は1年から10年。

 

 E1ビザ

貿易ビザ。管理職かスペシャリストが対象。日米間で相当額の取引をしている会社の従業員が取得可。ただし、会社の国籍(オーナーシップ)が申請者の国籍と一致していないといけない。滞在期間には制限はないが、通常、ビザは5年間有効で、入国時には2年間の滞在許可がもらえる。

 

 E2ビザ

投資ビザ。条件はE1と同じだが、必要条件として、「日米間の取引」ではなく、「相当額の投資」が必要。E1でもE2でもいえることだが、個人的な小規模な投資や貿易では、Eビザは認められない。

 

 H1Bビザ

専門職ビザ。大卒または大卒と同等の知識を有するものが対象。大学での専攻と職業が関連しており、通常、職業が大卒を必要とするもの。会計士、建築家、医者、弁護士、エンジニア、グラフィックデザイナー、マーケットリサーチャーなど。合計で6年間の滞在が認められる。年間のH1Bビザ発行数に上限があるため、申請のタイミングが重要。

 

 H3ビザ

研修ビザ。OJTをしない職業研修のみ。見学、研修、会議参加などに限られている。滞在期間は最長24ヶ月。更新不可。出身国では得れない研修のみが該当し、研修終了後には帰国することが条件。アメリカで報酬を得ることができるが、生活費程度。

 

 Iビザ

報道ビザ。報道に従事する関係者が対象。技術系でも可。滞在期間に制限はない。

 

 J-1ビザ
(J1ビザには色々な種類があるが、以下の職業訓練ビザが最も一般的)

職業研修ビザ。国務省認可の交換研修プログラムへの参加が義務付けられている。OJTが認められる。最長で1年半。通常、J1に参加するためには、研修分野での学歴、または、職歴が必要。アメリカで報酬を得ることができが、生活費程度。

 

 L-1ビザ

転勤ビザ。管理職かスペシャリストが対象。アメリカ国外の関連会社で最低1年間の職歴がある。管理職は最長で7年、スペシャリストは5年間の滞在が認められている。

 

 O1ビザ

優れた能力保持者が対象。国内、国際的に有名な芸能人やアーティストなど。または、研究者やビジネスの分野でも取得可。滞在期間は3年、その後1年ごとの更新可。

 

 P1ビザ

個人、又はチームの一員として、国際的に著名なスポーツ競技に参加、または、芸能活動などに従事する場合に該当する。 滞在期間は5年、更新可。

 

 Qビザ

文化交流ビザ。出身国の文化を伝えるプログラムに参加し、それに関係する分野で就労ができる。プログラムの運営は、雇用主であるスポンサーによって行われないといけない。滞在期間、最長15ヶ月。

*アメリカのビザの種類は上記のものだけではありません。
列記したものには、最も一般的なビザが含まれています。また、詳細については、当事務所のHPを
ご覧下さい。





 
 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る

Site Search:

 ???????

 ????